トップメッセージ

今、時代は次のステージへ。新しい税理士法人の形を創りたい。

税理士法人HITOTOパートナーズ
代表社員・税理士
浮田 直宏

P  R  O  F  I  L  E

うきたただひろ/1973年大阪生まれ。1996年神戸大学卒業。その後、大学院まで進み2002年税理士登録。薩摩川内市に移り10年目を迎える。趣味は読書で、座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」。尊敬する経営者は松下幸之助であり、ほとんどの作品を読破。

B L O G

これから求められる税理士像は、人間力・解決力・提案力

税理士法人HITOTOパートナーズ」は、平成22年6月より、“HITOTO(=人と)”、つまり“人と人との信頼の絆を大切にすること”をメインスローガンとして、新しい税理士法人の形を目指し、第二のスタートを切りました。
今、急激な変化を遂げている時代は、新しい税理士像を求めています。旧来の発注された税理業務を処理するだけの形ではなく、顧客の皆様の繁栄のために、共に知恵を絞り、汗を流して、有益な提案を積極的に行える税理士こそが求められているのではないでしょうか。また、時代の変化に伴う法改正などの最新情報のフォローアップも税理士が果たすべき業務の一つであり、企業のリスクマネージメントの重要な役割を担っています。さらに、グローバル化の波が押し寄せ、地方といえども、ビジネスはエリアを越えて展開していきます。その変化に対応できる柔軟性もこれから求められている点の一つだと考えています。
私が日々ビジネスの現場に身を投じて感じることは、成長を目指す元気な企業は、従来の枠組みにとらわれず、未来を見据えてしなやかに世界を広げ、本質的な行動を実行しているように思います。当事務所もそんな時代の流れをつかみ、若手社員による最先端の情報提供とスピーディーな対応、熟練社員による堅実性と安心感の両輪で、顧客の皆様のニーズにしっかりとお応えできるよう、バリューを日々磨いていきたいと思っています。

税理士業=サービス業 確実・安心・スピーディーに

企業の皆様に、税理士に対して求めることを伺うと、「こまめに訪問し、数字を見て有効なアドバイスをしてほしい」というお声を多く耳にします。当事務所では、一つひとつの企業を丁寧にフォローし、積極的な訪問とこまめなチェックを実行していています。“税理士業はサービス業である”という信念で、30人以上のスタッフを有する税理士法人の強みを生かしながら、顧客の皆様のニーズに最大限にお応えできるよう日々努めています。

税理士×社会保険労務士×司法書士×弁護士×行政書士 コラボレーションでパワーアップ

ビジネスにおいて業務が複雑化する今、税理業務のみに留まらず、社会保険労務士、司法書士、弁護士などの専門家とコラボレーションし、顧客の皆様へ幅広い視野でのご提案やソリューションをお届けすることを目指しています。そのため、やる気・元気・実力のある若手士業家を中心に、強固なネットワークを構築。さらに、当事務所の顧客同士のビジネスマッチングも行うなど、既成概念にとらわれない行動を積極的に行い、顧客の繁栄を共に創り上げていきたいと思っています。

目次
閉じる